シアター2+1 > 十二夜
私たちは、自然に優しい生活を応援します。

シアター2+1 青少年劇場「十二夜」




         

全国の中学生・高校生の諸君!!

シアター2+1は、諸君との演劇を通じての『出会い』を求めています。

シアター2+1は、劇団を創立してまもなく20年になろうとしていますが、その間31作品の公演を重ねて参りました。

その大部分は大人のための演劇ですが、その内5本程は諸君を狙ってのモノでした。

まず、私たちはこう考えたのです。

これまでの学校での演劇鑑賞教室のイメージを変えたい。
その為にも、諸君の演劇に抱くイメージを変えなくてはならない。
つまり演劇とは、元来、演じる者と観る者とが協同で創る“祭り”のようなモノなのです。

 “祭り”とは、人々が日常を離れ、その一瞬に日頃の憂さや体内に溜まった悪いガスを 吐き出し、次の日から、また新たに日常を生き直す為のモノです。
だから、あんなにも激しく、楽しく、猥雑なのでしょう。

あの汗は、本当に美しい。
演劇もまさしく、その通りのモノなのです。

シアター2+1は、こう宣言します!

『演劇鑑賞教室を興奮のるつぼに!』

演劇は、静かに観るものではありません。
演者と観客が、共に汗して楽しむモノです。

『演劇は面白い!なにしろライブだから』

シアター2+1は、作者の書いた作品に流れる時間だけではなく、その作品を上演する、つまり諸君と共に在る二時間という時間も、とても重要と考えているのです。

ですから、出来上がったモノをただ観て貰うのではなく、諸君と共に二時間かけて、一本の作品を創り合うと考えて頂いた方が、より正しいと思います。

―演劇鑑賞はサボルもの、眠るもの―
この君たちの概念を、シアター2+1は壊すことも、宣言します。

そんな考えの下、現在、シアター2+1はシェイクスピア作『ロマンティックコメディ・十二夜』という作品で、全国の学校にお邪魔しております。

2001年3月吉日 仲原 明彦 (*注)

(*注) シアター2+1の創設メンバーで、1988年より2007年まで劇団代表を務め、演劇創造を牽引した。故人。

十二夜Twelfth Night

舞台狭しと繰り広げられる笑いと恋の大騒動!
シェイクスピアって、どうしてこんなに面白いの?

《高画質版》 ※高画質版はデータ量が大きいため、スマホからは下部のリンクをクリックしてご覧ください。

《低画質版》←スマホからはこちらをご覧ください。

物語Story

ここは、オーシーノー公爵の領地、イタリア。
いたって平和である。ただ一つ、公爵の心を除いては・・・。
公爵はオリヴィア姫を想って、夜も眠れない。
だが、姫は父と兄を相ついで亡くし、悲しみの真只中。
七年間は、喪に服することを固く固く決意しているのであった。

一方、嵐のため船が難破。
離れ離れになってしまった双子の兄セバスチャンを探すため、妹のヴァイオラは、シザーリオと名前を変え男に化けて、公爵に仕えることになった。
そしていつか、公爵を好きになってしまう。
だが、恋の使者として姫のもとへ―。
固く誓ったはずの決心もどこへやら、まして男に化けた女の子だとは露知らず、姫はシザーリオに一目ボレ。

ところでオリヴィア家には、大酒飲みの伯父トービー、姫に求婚する、成金アンドルーが居候している。
当然、生真面目な執事マルヴォーリオとは気が合わない。
ドンちゃん騒ぎを止められた仕返しにと、女中マライアと組んで、ニセのラブレターを落としておいた。
姫からのものと勘違いしたマルヴォーリオは、その文面通りの姿で現れた―。

勘違いが勘違いを呼んで、イリリアは恋だ!決闘だ!と大騒ぎ・・・
とそこへ、シザーリオとウリ二つの男が現れた。
そして・・・???

今後の上演予定

2015.06.17 東京都立府中高等学校
2015.09.10 青森県立弘前実業高等学校
2015.09.25 佐賀県立致遠館 中学校&高等学校
2015.10.21 茨城県つくば市(私)つくば秀英高等学校

最近の上演実績

2015.03.03 兵庫県神戸市立有野北中学校
2015.02.24 栃木県佐野市立北中学校
2014.12.17 東京都立小金井北高等学校
2014.11.27 東京都足立区立青井中学校
2014.11.26 群馬県前橋市立前橋高等学校
2014.10.29 愛知県名古屋市立有松中学校
2014.10.09 岐阜県立武義高等学校
2014.10.08 秋田県立横手高等学校
2014.09.26 富山県立滑川高等学校
2014.05.02 東京都立三田高等学校

Copyright(C) シアター2+1 All Rights Reserved.